体を温めて生理前の肌荒れを予防

生理前になると肌のくすみが気になるようになります。生理前は女性ホルモンのプロゲステロンが多くなり、血行が悪くなります。

そのため、生理前はくすみができやすいのです。くすむだけでなく、肌のターンオーバーが乱れて肌のごわつきが出ることがあります、

私は体を温めて生理前の肌荒れ対策をしています。

温めて血行をよくすればくすみが解消され、酸素と栄養が体の隅々に届くようになるので、ターンオーバーが整って肌のごわつきが起こりにくくなります。

毎日湯船に浸かっていますが、生理前の肌荒れが気になるときはいつもより入浴時間を長くしています。

30分以上は温まります。全身浴だと疲れるので半身浴を30分以上します。最初は上半身が寒いけど、だんだん温まってきてじわじわと汗をかきます。半身浴を長くすると、体の芯から温まります。

食べ物でも体を温めます。生姜は体を温める力が高い食材です。生姜たっぷりスープ、野菜炒め、生姜入りのお茶などを摂ります。生姜は加熱すると体を温める働きが高くなります。生姜入りのスープやお茶を飲むと、すぐに体がぽかぽかしてきます。

一生懸命温めておくと、くすみや肌のごわつきがなくなります。